UNR Platform

Ubiquitous Network Robot

ユビキタスネットワークロボット(UNR)とは、 商業施設・病院・家などのさまざまな場所における 人々の活動を支援することを目的として、 ロボット、スマートフォンアプリ、環境センサが ネットワークを介して連携して 人々にサービスを提供するための基盤技術です。

高齢者・障がい者を対象としたライフサポートに関するサービスを ケーススタディとしたUNRの研究開発が2009年度より行われています。 その中で検討された技術仕様に基づいて、 ロボットやロボットサービスを連携させるための国際標準化も進められています。

UNR Platform

UNR Platform はUNRのシステムを構築するためのソフトウェアプラットフォームです。

UNR Platform は、ロボット/スマートフォンアプリ/環境センサを連携させて サービスを提供するためのシステムソフトウェアと、 各種台帳(利用できるロボットの属性が記述されるロボット台帳、 サービス提供場所の地図情報が記述される空間台帳、 サービス提供相手の属性を記述するユーザー属性台帳)として機能する データベースから構成されています。

このプラットフォームを利用することで、 UNRに関連する国際標準に準拠したソフトウェア開発が容易になると共に、 ロボットの動作やセンサによる計測等の実装とサービスアプリケーションを 分離して開発できるようになります。

UNR プラットフォームβ版は、 開発中のプラットフォームソフトウェアをオープンソースで公開するものです。

注意事項

  • 本サイト内のコンテンツに関わる著作権は、別途記載がない限り、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(以下ATR)に帰属します。
  • 本サイト内のコンテンツは、ATRによって予告なく変更・削除される可能性があるものとします。
  • 本サイトで公開しているソフトウェアは、MITライセンスに基づいてオープンソース形式として公開しています。 MITライセンスの詳細については以下を参照してください。 http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2FMIT_license
  • 本サイトで公開しているコンテンツを利用することにより生じるいかなる損失についても、ATRは一切の責任を負いません。

謝辞

本ぺージの成果の一部は総務省の委託研究「ライフサポート型ロボット技術の研究開発」によるものです。

Note

Copyright (C) ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratories.

Contact: irc-contact@atr.jp

Table Of Contents

Next topic

Software Download

This Page